第206回 ふつうさんぽ「またまたシェアハウス見学会」@前原

(2017/11/25(土)開催)

今日は204回に続き、またまたシェアハウス企画。

オーナーのEさんは第142回『賃貸併用住居+シェアハウス』にもご登場いただいた、かなりの強者大家さん。

今度は、築50年のほとんど廃屋物件とのことですが…。どんな物件なんでしょう?

場所は千葉県京成津田沼から2駅お隣の前原(まえばら)駅。JR津田沼からの徒歩も可能な二駅利用の立地です。

晴天の中、和気あいあいとスタート。
20171125前原シェアハウス見学会_さんぽ開始

途中、別のさんぽ仲間の物件を通りすがりに見学。
20171125前原シェアハウス見学会_物件1

ここはさんぽ仲間のTさんが新築提案を受け、購入した物件です。
契約社員と属性が厳しい中、なんとか融資を受け規模を拡大されました。

戸建てのような木造2階建てですが、1階と2階がそれぞれ広めの1Kの賃貸。
利回りは決して高くなかったそうですが、自己資金を多めにし安全性を高めたとのこと。

駅前を少し離れ、畑の残る住宅地を歩いていくと坂道を下る途中にEさんの物件はありました。
20171125前原シェアハウス見学会_物件2

ツタの絡まる雰囲気?のある大きな建物。
二世帯住宅で1階が3DK、2階が2LDK。
計113㎡と広めなので、シェアハウスにチャレンジされるようです。
競売流れ物件を安く購入できたとか。

20171125前原シェアハウス見学会_キッチン
いやはや見事な廃屋ぶりです…。
床の穴は土台の老朽化を調べるためにご自身で開けたようですが、どんな使い方をすればこんなに真っ黒になるんでしょう?

20171125前原シェアハウス見学会_リビング
こちらも見事な傷み具合。5年ほど空き家だったとか。やはりシロアリの被害確認のため床を剥がしています。

20171125前原シェアハウス見学会_庭
小ぶりとはいえ庭があるのは高ポイントです。
色んな活用が考えられます。

皆さん、想像以上の廃屋ぶりに思案顔。
いったいリフォームにいくらかかるのか…?

Eさんによれば、屋根は瓦を葺き直し、外壁も再塗装。
床の張り直しを含めて、外回りと大工仕事は職人さんにお願いするようですが、内装など出来るところはセルフリフォームでやってみるとのこと。

Eさんご夫妻は、ご主人が購入とリーシング計画を担当。
リフォームと運営は奥様が担当と、それぞれの得意を活かした理想的な組み合わせです。

リフォーム後の姿をめいめいに想像しながら、津田沼駅へ。

さんぽの後はジョナサンでランチ。
ご協力いただいたEさん、ご参加いただいた皆さんありがとうございました!

■リフォームafter

じゃーん! その後のafter写真を入手していますので大公開しちゃいます!
驚くこと間違いなし!

20171125前原シェアハウス見学会after_全景
白塗りのすっきりした建物になりました。

キッチンはこうなりました。
20171125前原シェアハウス見学会after_キッチン

床のタイル貼りや食器棚は全て奥さまのセリフリフォームです。

リビングはこちら。
20171125前原シェアハウス見学会after_リビング

テーブルなどは古道具屋から調達し、塗装されたようです。押し入れはテレビスペースに。

20171125前原シェアハウス見学会after_居室
こんなコンパクトな居室が6部屋。
リフォーム費用を含めても満室になれば、利回り20%はかるく突破するそうです。

奥さまがご自身で約半年かけてリフォームされました。
高利回りは作り出すもの」を地でいく事例となりました。

投稿日:

2018-01-08 10:30:25.48

最近の活動

さんぽ仲間になろう

サークルメンバー(さんぽ仲間)になる方法は、こちらの登録フォームに必要事項を入力して申し込むだけです。

さんぽ仲間の登録後、『ふどうさんぽ』のご案内がメールで届きます。
ご案内に企画内容や集合場所などが記載されています。都合のいい時に、気軽に参加ください。

 
(退会のお届けは こちらから⇒

成功のために「失敗事例」に学ぼう!

  ふどうさんぽ書籍_失敗事例に学ぶ

ふどうさんぽスタッフが、みんなの事例を持ち寄って作りました。